TOP > 体育会規約
イメージ

体育会規約

第1章 総則
第1条 本会は神奈川大学体育会と称し(以下本会とす)本会は本部を神奈川大学内に置く。
第2条 本会の目的は、質実剛健、積極進取の神奈川大学精神に基き、体育会活動を通じて健全なる精神を養い、各部が本学を代表して競技する体育会において勝利し、本学の発展に寄与し、且つ体育文化の振興に貢献し、学生生活を充実することにある。
第2章 組織

第1節 部

第3条 本会は、神奈川大学体育会に属する全学年を以って組織し、部を以って単位とする。
第4条 本会には次の部を置く。 1.アーチェリー部 2.合気道部 3.アメリカンフットボール部 4.應援指導部 5.空手道部 6.弓道部 7.剣道部 8.硬式庭球部 9.硬式野球部 10.ゴルフ部 11.サッカー部 12.女子サッカー部 13.山岳部 14.柔道部 15.準硬式野球部 16.少林寺拳法部 17.水泳部 18.スキー部 19.スケート部(アイスホッケー部門)20.スケート部(スピードスケート部門) 21.スノーボード部 22.体操部 23.卓球部 24.テコンドー部 25. トライアスロン部 26.軟式庭球部 27.軟式野球部 28.平塚軟式野球部 29.バスケットボール部 30.女子バスケットボール部 31.バドミントン部 32.バレーボール部 33.女子バレーボール部 34.ハンドボール部 35.ボクシング部 36.ボディビル部 37.ヨット部 38.ラグビーフットボール部 39.男子ラクロス部 40.女子ラクロス部 41.陸上競技部 42.レスリング部

第2節 会員

第5条 本会員は、本会の認めるいずれかの部に属する神奈川大学の学生とする。兼部する場合は本部会議で承認を得なければならない。
第6条 会員の入部、退部に関しては各部部則により規定される。但し退部金に関しては本部会議の承認を必要とする。
第7条 会員は、原則として、体育会行事には正装で出席し、体育会認定のバッチを身に付けなければならない。
第8条 会員が体育会規約に反する行為をした場合、その者が属する部は制裁を受けなければならない。詳細は賞罰規定による。会員に関しては部則による。
第3章 会議
第9条 本会は目的達成の為、次の会議を置く。
  • 一、 体育会総会
  • 一、 主将・主務会議
  • 一、 主務会議
  • 一、 本部会議
  • 一、 その他、必要と認められる会議
第10条 会における会議の出席者は、原則として全員正装着用とする。ただし、主務会議を除く。正装を着用していない者の出席は認めない。欠席する部は前日までに欠席届を本部に提出しなければならない。欠席届未提出および欠席を認めるのに不十分なものは無効とし、賞罰規定を適用する。
第11条 採決は、各部一票の投票により、出席者の三分の二以上を以って行われる。

第1節 体育会総会

第12条 体育会総会(以下総会とす)は、本会所属の会員を以って構成する。
第13条 総会は全会員の三分の二以上を以って成立する。
第14条 総会は原則として、年一回、12月に会長がこれを召集する。随時総会は会長がこれを必要と認めたとき、召集することができる。
第15条 総会に於ける発言権は、本会所属の会員とする。
第16条 総会の議事運営及び事務は、本部役員がこれを執行する。
第17条 総会に於ては主として下記の事項を行う。
  • 一、 年間活動報告
  • 一、 会計報告
  • 一、 本部役員改選
  • 一、 その他、目的達成の必要事項

第2節 主将・主務会議

第18条 主将・主務会議(以下本会議とす)は、本部役員及び各部の主将・主務により構成される。
第19条 本会議は、本会の最高決議機関であり各部はこの決定に拘束される。
第20条 本会議は、会長がこれを召集する。但し、各部の主将・主務の三分の二以上の者から要求があった時は、随時主将・主務会議を行うことができる。
第21条 主将欠席の場合は副将がこの代理権を有する。本会議に出席できる者は、主将・主務・副将の者とする。原則として代理人の出席は認めない。やむを得ない場合のみ、主将の権限を委任した代理人を出席させることができる。

第3節 主務会議

第22条 主務会議は体育会と各部の連絡機関であり、会長が開催三日以前に召集する。但し、特別及び緊急を要する時はこの限りではない。

第4節 本部会議

第23条 本部会議は、本部運営のため会長が必要と認めたときに開催する。
第24条 本部会議は、本部役員を以って構成し、三分の二以上の出席を以って成立する。
第4章 本部役員
第25条 本会は、会務運営の為に体育会本部を置き、選出された本部役員により組織し、本部役員の中から本部会議により、次の役職者を選出する。
  • 一、 会長 一名
  • 一、 副会長 一〜二名
  • 一、 平塚部長及び同副部長 各一名
  • 一、 総務部長及び同副部長 各一名
  • 一、 会計部長及び同副部長 各一名
  • 一、 企画部長及び同副部長 各一名
  • 一、 渉外部長及び同副部長 各一名
  • 一、 広報部長及び同副部長 各一名
  • その他必要に応じて本部会議の決定により、役職を設置し、且つ役を任命することができる。会長が必要と認めた場合、役職を兼任することができる。
第26条 全ての本部役員は、本会構成員の中から立候補し、本部会議の厳密なる審査を得たうえ、総会で各部主将の投票に於いて、三分の二以上の承認を得た者でなければならない。
第27条 本部役員の任期は一カ年とする。但し、再選は妨げない。
第28条 本部役員の改選は、本部会議により決定し総会で各部主将の投票に於いて三分の二以上の承認を得なければならない。
第29条 会長は本会を代表し、本会の会務全般を総括する責任を有する。
第30条 本会の目的に反したる本部役員は、主将・主務会議に於いて三分の二以上の議決により罷免される。
第31条 正当な理由のない場合の本部役員の退任についての処罰は、体育会から除名処分を課す場合もある。
第5章 会計
第32条 本会の運営は、大学よりの体育会に対する援助金及び寄付金、体育会費その他の収入を以ってこれに充てる。但し、必要に応じて臨時体育会費を徴収する場合もある。
第33条 本会費は、一律年間二千円とする。本会費の変更は、主将・主務会議に於いて決定する。
第34条 本会の会計年度は、毎年四月一日より翌年三月三十一日迄とする。
第35条 大学からの各部に対する援助金の決定について、部の活動状況、戦績及び体育会の各行事、各会議の出席状況、必要書類の提出状況などにより、大学に対して、疑義を申し立てることがある。
第36条 会計報告を体育会総会にて行うこととする。
第37条 領収書の保管は二カ年、帳簿の保管は、永年とする。
第6章 入会規定

第1節 入会資格

第38条 体育会に入会申請するためには、下記の資格を必要とする。
  • 一、 体育会目的に沿った活動が行われていること。
  • 一、 競技団体であり、且つ学生競技連盟に加入していること。
  • 一、 専任教職員の部長が置かれていること。
  • 一、 団体に関する規則、規定が置かれていること。
  • 一、 原則として10 名以上(女子部に関しては8名以上とする)の本学学生で構成されていること。
  • 一、 団体の構成員から、一定額の部費を定期的に徴収していること。
  • 一、 団体として、三年以上の活動歴があり、継続していること。

第2節 入会申請

第39条 入会申請は大学への公認団体申請と同時に、本部に指定入会申請用紙を提出するものとする。

第3節 準会員

第40条 入会審査の後、当該団体を体育会準会員として取り扱う。準会員は体育会規則に沿って活動しなければならない。但し、会議における投票権は持たない。

第4節 入会

第41条 本会への入会は、準会員としての二カ年の本部調査期間終了後、本部会議の承認を得、主将・主務会議の議題として提出される。但し、本部会議、主将・主務会議で承認されなかった場合は、準会員の資格を失う。
第7章 脱会規定
第42条 主将・主務会議に於いて、本部発行の脱会届への調印を以って本会の脱会とする。
第8章 賞罰
第43条 本会内に於いて、優秀なる活動をおさめた団体、個人に対して本部会議の審議決定により会長の名で表彰することができる。
第44条 本会に所属する部に於いて、大学の名誉を傷つけ、本会の目的及び運営に反する事実が発生した場合、本部の調査により下記の罰則が課せられる場合がある。
  • 一、 訓戒処分
  • 一、 一年間投票権の剥奪
  • 一、 一年間大学からの援助金の停止処分の申請
  • 一、 準会員への降格
  • 一、 強制退会
  • 一、 一定期間、部活動の全面禁止
  • また、期間については本部会議にて決定される。
第9章 補則
第45条 本規約改正は、総会に於いて採決される。
第46条 本規約の最高解釈は、本部にある。
第47条 本規約は、平成八年二月十二日より施行する。
附則 この取扱要綱は平成18年12月9日から施行する。
神奈川大学事務細則
神奈川大学体育会主将・主務会議体育会規約に謳れる体育会の目的を完遂するにあたり、本部及び各部の事務を円滑に運営するため事務細則を定める。
  • 一、各部役員交代に際しては、前任者は後任者の事務引継を厳重に行わなければならない。
  • 一、各幹部は本部提出書類その他は必ず所定の日時に提出しなければならない。
  • 一、各幹部が本事務細則を守らずに、事務の円滑な運営に支障をきたす場合は、本部は該当部へ罰則規定を適応して処分する。
  • 一、各幹部は、共同して各部発展のため円滑に事を行うことを要す。
  • 一、各部、主務の本部への提出書類は下記のとおりである。
  • 一、公式戦予定表
  • 一、戦績報告書 公式戦のみ
  • 一、合宿届 長期休暇の間のみ
  • 一、幹部交代届 幹部交代次第すぐ提出
  • 一、体育会登録票 入会式で提出
  • 一、その他
  • インタビュー
  • 神大スポーツ・文化振興賛助金募金
  • KU東北ボランティア駅伝
  • 神奈川大学