TOP > インタビュー > 準硬式野球部

インタビュー

準硬式野球部

大学生活と野球を楽しく両立
最後の学生生活に心置きなく野球を!

気負うことなく野球に向き合う。
高校野球と同じような感覚の準硬式、その魅力を聞きました。

左から
・人間科学部人間科学科 3年 太田健人
・人間科学部人間科学科 3年 鈴木彰悟(主将)
・人間科学部人間科学科 3年 鈴木洵太

今回も体育会の協力メンバーがインタビューに挑戦してくれました!

石田:柔道部所属2年の石田一です。よろしくお願いします。

藤川:同じく柔道部2年の藤川です。インタビューは初めてですけど頑張ります。お願いします。

----まずは自己紹介をお願いします。

太田:人間科学部 3年になります、準硬式野球部の太田健人です。よろしくお願いします。

澤田:人間科学部 3年になります、準硬式野球部主将の鈴木彰悟です。よろしくお願いします。

梅垣:人間科学部 3年になります、同じく準硬式野球部の鈴木洵太です。よろしくお願いします。

----石田:まずは準硬式野球部に入った理由を教えてください。

太田:自分は硬式野球の経験がなくて、硬式のボールのような野球をしてみたかったので入りました。

----高校は軟式ですか?

太田:はい。

鈴木(洵):自分は、神大の硬式ってすごい強い。自分じゃちょっと敵わないので...。準硬式なら敵うってわけじゃないんですけど、高校は硬式野球部で、同じ感じのボールでもう一回やりたいなと思って準硬式野球部に入りました。

鈴木(彰):自分は出身高校が硬式をやる人がかなり多く、また、野球を続ける人も結構多くて、その中で硬式と準硬式のどちらかを選ぶことになったんです。洵太と似たような感じになるんですけど、高校野球で長々とやらせていただいたので、大学はしっかり単位も取った方が良いかなと思ったので準硬式を選びました。

----石田:高校は強豪校ですか?

鈴木(彰):強豪校、そうですね。古豪っていうんですか。静岡掛川西高校なんですけど、何回か甲子園に出ています。結果も充分に残したので大学では準硬式で自分の好きな野球を続けつつ、大学生活もしっかり過ごせたらいいなと思って準硬式を選びました。

----藤川:硬式野球と準硬式野球の違いっていうのを教えてください。

太田:打球を受けた感じでは、準硬式のほうが伸びるかなと思います。

鈴木(洵):準硬式は硬式と比べて球速が5キロ落ちるって言われているので、準硬式で例えば140キロ出たら、硬式で145キロ出るっていうふうな感じで言われています。

鈴木(彰):ボール自体が外は見た目軟式なんですけど、硬式で使うコルクが中に入っているので、軟式よりも重くて硬式に近い。準硬式なのでバッドも木製じゃなくて金属バッドなので、どちらかというともう高校野球寄りの野球ですね。

----石田:ルールとかは?

鈴木(彰):一緒です。普通の野球のルールに則ってやっています。軟式も同じだと思います。

----石田:みなさん野球はいつから初められたんですか?

太田:小学校4年生です。周りがみんな野球をやってたので、みんなに合わせて野球を始めました。

鈴木(洵):自分は小学校5年生の秋ぐらいからですね。ソフトボールから始めたんですけど、地元にチームがいっぱいあって、ちっちゃいときからみんな始めちゃうので、残ってるのが自分くらいで、いっぱい誘いが来て。

鈴木(彰):自分は小学校2年生ですかね、きっかけはプロ野球大好きで、っというか父がプロ野球大好き人間だったので、(夜の)7時から9時は巨人戦って感じだったので。

----石田:じゃあ巨人ファン?

鈴木(彰):そうですね、どちらかといえば応援しちゃいます。観るのも好きだったので、それならやってみればっというので、小学校のスポーツ少年団だったんですけど、その体験に行って入ったって感じです。

----藤川:準硬式野球部で、決まってることとか、部の中で規則みたいなものはありますか?

鈴木(彰):規則...そうですね、特にはないと思うんですけど、硬式に比べたら緩くやってるんで。今、主将やってるんですけど、休みの連絡とかも全部主将ですし、選手主体でやらせていただいてるので、規則っていう規則はなしで。逆に全部とっぱらってって選手個々の濃さが出るっていうのは結構ありますね。

----藤川:尊敬している人、目標としている人がいましたら教えてください。

太田:父親ですかね。家族を支えているので。自分が野球出来ているのもお父さんが働いてお金稼いで、それで野球道具買ってもらって野球やってるんで。大学も来させてもらったので、見習いたいなと思います。

鈴木(洵):目標というか尊敬する人は、野球選手じゃないんですけど本田圭佑選手です。すごい尊敬しています。結構ズバッて物事を言って、それを必ずやりとげるみたいな。あれだけ結構大口たたいて周りからバッシングとかもありますけど、ちゃんとそれをやり遂げているので、尊敬しています。

鈴木(彰):自分は、中学の野球の監督です。今まで生きてきて一番尊敬しています。少年野球っていうのは自分の好きなようにほとんど出来るんですけど、中学入って出鼻をくじかれたというか、高校に入ったら絶対に苦労するからここで挨拶とか礼儀とかそういうの全部教えてもらいました。中学ではあるんですけど、ほぼ高校野球みたいな環境でやらせていただいたので、中学の時はうっとうしいな~と思っていました。今振り返るとそれがあったからこそ高校でもしっかり最初から出来ましたし、今大学入ってもそういう人間の基礎っていうものがしっかり持てた3年間だったのかなと。そういう人間になりたいなと思います。

----藤川:今までのベストプレーを教えてください。

太田:人生で一番最初に打ったヒットです。小学生の時ですけど、一番最後の試合で出させてもらって1打席目全然結果が出ず、2打席目も結果が出ず、3打席目が回って来るか来ないかくらいだったんですけど、運よく回ってきてそこでセンター前ヒットを打って、凄いガッツポーズをしたのを覚えています(笑)。

鈴木(洵):ベストプレーっていうか、1試合1試合しっかり取り組もうと思っているので。一昨日試合だったんですけど、そこで8回に同点のホームインをしたんです。キャッチャーをかわしてのスライディングで、タイミングはアウトだったんですけど、そこで自分のスライディングでセーフにできたのは最近で一番のプレーかなと思います。

鈴木(彰):高校のときなんですけど、最後の3年生の春、市内で小さい大会がありまして、9回1点差で負けていて、先頭で代打に出させてもらったんです。そこで打ったヒットですね。あれは今でも感触を忘れないです。小さい大会でもあったので、生徒と応援団もぎっちり入ってる感じの中で。すぐ変わっちゃったんですけど、もっと足が速いやつがいたので。挙げるとしたらそれがベストプレーですね。

----石田:確か先週くらいまで茨城合宿だったと思いますけど、その合宿の成果、成長したなということがあれば教えてください。

>太田:そうですね。守備練習をたくさんしました。土のグラウンドでやる機会が少ないので。土だと全然打球が違うので。チーム全体として守備力上がったんじゃないかなと思います。

----石田:ちなみに何泊だったんですか?

鈴木(彰):3泊4日です。

----石田:それは練習が主で、最終日が試合とかですか?

鈴木(彰):3日目が試合でした。それ以外はずっと練習していました。

鈴木(洵):(普段の練習)グラウンドが狭いので、そこで出来ない練習とかをやりつつ、チーム内では一番自分がたぶん性格キツいので、誰構わずバーっと言うんですけど、そういうところで、いけないプレーとかを詰めてやっていけたのは、良い面かなと。それと、最終日の試合で、自分は全然だめだったんですけど、最後の打席でしっかり集中して1本ヒットが出たっていうところは自分の中で大きかったかなって思います。

鈴木(彰):(普段の練習)グラウンドが結構小さい中でやらなきゃいけないので、外野の後ろ、背走する打球がなかなか捕れないんですよ。フリー打撃はまだ出来るんですけど、実践練習やってて、打った瞬間に「あー越えちゃったな」とか、そういうのがあるので。

----石田:確かに、あそこライト側狭いですよね。

鈴木(彰):レフト側も充分狭い...。そういう面では外野が主の練習がちょっと多くなっちゃいましたけど、声掛け、打球感、そういう面では4日間詰めるところは詰めれたかなと。あと試合形式も普段行うことなかなか厳しいので、1試合しっかり出来たのは良かったと感じました。

----石田:先ほど、アメフト部のインタビューをしたんですけど、コミュニケーションを大事にしていると言っていました。だから「よく衝突する」って聞いたんですけど、コミュニケーションを取る上で部員同士でぶつかるっていうことはありますか?

鈴木(彰):そうですね、いけないところではあると思うんですけど、衝突がなさすぎます。 コミュニケーションはとりますし、もちろん意見も全員持ってるので発するには発するんですけど、そこで自分の意見を言うんじゃなくて、「あーオッケーオッケー」って感じのチームの雰囲気は出ていますね。これに関しては一代二代前のチームからずっとそうなんです。そういう雰囲気で今も進んじゃってます。良いところでもあるかもしれないですけど、チーム力アップという近道に関してはかなり遠回りの状況ではありますね。

----藤川:練習時間って何時間くらいですか?

鈴木(彰):一応春休みとかだと11時くらいから15時前とか。大学がある時だと、平日だと昼1時間くらいしか出来ないので。それを考えると自分の時間を多く持てる部活ではあると思います。

----藤川:特にアルバイトは禁止してない?

鈴木(彰):そうですね。大丈夫ですね。

----藤川:普段の練習内容はどんな感じですか?

鈴木(彰):グラウンド状況もあるんですけど、キャッチボールまでのアップ含めてやって、その後はバッティング中心の練習をして、守備やって終わっちゃう感じです。1時間の練習だと、例えばバッティングを打つ人をちょっと固定して、平日5日間は、2日間2日間とかにメンバー分けて、守備とバッティングを交互に、1時間しかない中ではうまくやっている感じです。最後はまとめてノックだったりとか、意識してやってます。今は3月の末に関東大会っていうのがありまして、それに向けて練習試合を組んでやっています。週5回は練習か試合をしている感じです。

----藤川:就活は何年生から始めるんですか?

鈴木(彰):去年の人たちは4年生の春まで続ける人が8、9人いましたので、就活含めて両立という感じでした。就活で練習来れないっていう時も勿論ありましたし、合間見つけて練習来て試合も出てるという感じでやってたんですけど、次4年生になる3年生は全員秋が終わった時点で退く形になったので、3年生の秋ぐらいまではほとんど続ける形ですね。

----藤川:ご自身のポジションとこれだけは負けないっていうのを教えていただきたいと思います。

太田:ポジションは外野手です。基本的にはレフトです。声のデカさは負けません。試合中も教室の中でも声はデカいと思います(笑)。

鈴木(洵):自分はキャッチャーなんですけど、肩の強さなら負けないです。

----藤川:実際に遠投ってどのくらい投げますか?

鈴木(洵):遠投はどうですかね~。高校のときに90(m)後半とかぐらいは投げた時はありました。

鈴木(彰):負けないって言われたら、走塁ですね。足が特別めちゃくちゃ速いわけではないんですけど、これは高校のときに養ったというか、打球感っていうんですか、走塁っていうのは足が速いのはもちろん必要なんですけど、判断が悪いと、めちゃくちゃ足速くてもそこで止まっちゃうんですよ。

----藤川:50メートルめちゃくちゃ速くても走塁は違うみたいな。

鈴木(彰):ベースランニングっていうんですけど、結構磨いたつもりなので、高校のときに。準硬式だと走塁は見落とされがちなんですけど、そういう面に関しては打球感とか判断は、誰にも負けないと思ってます。ポジションは外野やってます。

----藤川:野球をやっていて将来に役立つこと、そこから成長した部分、社会に出たらこういうのは使えるっていうのがあったら教えてください。

太田:これはたぶん絶対一番最初に挙がると思うんですけど、礼儀です。目上の人に対する対応ですとか、生活態度ですとかそういうのは絶対に磨かれると思うので、それに関しては他の部には負けないと思います。

鈴木(洵):野球に限らずだと思うんですけど、スポーツやる上で何か目標があれば、そこを逆算していって何をしたらいいのかっていうことを誰しもがやっていくと思うのですが、それは仕事も同じですよね。自分は野球を始めてすごい身につくことだと思います。

鈴木(彰):自分は機転です。マネージャーしかり、選手しかり、先輩に対してもそうですし、教えてもらっている先生に対してもそうですし、何か行動を起こした時に臨機応変に対応出来るっていうのは、結構野球はあるのかなって感じます。

----石田:準硬式は初心者も部員募集してるんですか?

鈴木(彰):基本はほとんどやってる(経験者)人ですね。太田くんみたいに軟式からの人もいますし、高校の時はちょっと出来なくて、大学ではやりたいっていう人もいますね。硬式やってて、大学では軟式よりは準硬かなっていう人がほとんどだと思います。

----石田:今、部員数はどのくらいですか?

鈴木(彰):新3年、新2年生合わせて40人ちょっとです。

----石田:監督とかコーチもいるんですか?

鈴木(彰):いるんですけど、練習にはほとんど来られないですね。忙しいらしいんです...。逆にいえば、ほぼ選手に任せていただいてる感じです。リーグ戦を勝ち上がると予選会が6月くらいにあるんですけど、その時はちゃんと顔を出していただいています(笑)。ほとんど練習も来られないですのですべて任せていただいています。

----石田:4月から入ってくる新入生に一言お願いします。

太田:サークルで野球やるのも良いと思うんですけど、心残りがあったり、少しでも上手くなりたいと思ったり、でもちゃんと授業も出たいし、バイトもしたいなって思うんだったらお勧めです(笑)。

鈴木(洵):硬式には全然劣りますけど、野球をやる上では、ちゃんとリーグ戦があって、全国大会があって、その予選があってって。環境としては、ちゃんと仲間と競争しつつ、高校と同じ感じで野球を出来るんじゃないかと。

鈴木(彰):洵太くんが言った通りなんですけど、準硬式やりたいなって思っている人結構いるって話も聞いたりしますので、野球に興味があって、硬式はもういいよというのであれば、是非、準硬式野球部に来てもらえれば、歓迎します!

----藤川:最後になるんですけど、今年度の抱負について聞きたいと思います。

太田:(部員)みんな思ってると思うんですけど、リーグ戦で自分たちが入ってから1回も優勝が出来ていないので、優勝したいです。リーグ戦優勝した後に予選会っていうのがありまして、それに勝ち進むと全日本の大会に出られるんです。その大会に出て、勝ちたいなっていうのが一番ですね。

鈴木(洵):太田くんも言いましたけど、予選会勝ちぬいて全国っていうところを目指してやっていければ自分も良いなって思います。リーグで2位チームまでが予選会進めるんですけど、優勝を決める大事な試合で、自分のせいで負けたことがあったので、今年度は貢献して自分が勝利に導けるくらいのプレーを出来ればと思います。

鈴木(彰):リーグ戦の優勝ですね。僕が入ってから2位と3位しかないので。2位に甘んじるのではなくて、優勝を取りにいくのが一番の目標です。その次に全日本があるっていう形です。まずは4月から始まるリーグ戦で優勝して次につなげるっていうのが一番直近の目標です。

-----準硬式の魅力、しっかり伝わったと思います。ありがとうございました。-----

※2017年3月取材

  • インタビュー
  • 神大スポーツ・文化振興賛助金募金
  • KU東北ボランティア駅伝
  • 神奈川大学