TOP > インタビュー > アメリカンフットボール部

インタビュー

アメリカンフットボール部

「準備がすごい大事」なスポーツ
みんなと共に成長できる!

根底にあるのは、一人ひとりのつながり
自分の特徴や長所を生かせることが最大の魅力という。その魅力を聞きました。

左から
・経済 現代ビジネス 2年 坂本アントニーマウネディー
・人間科学部人間科学科 4年 梅垣光理(主将)
・法学部自治行政学科 3年 澤田祐輔

今回も体育会の協力メンバーがインタビューに挑戦してくれました!

石田:柔道部所属2年の石田一です。インタビューは初めてですけど頑張ります。よろしくお願いします。

藤川:同じく柔道部2年の藤川です。お願いします。

----まずは自己紹介をお願いします。

坂本:現代ビジネス 2年になります坂本です。よろしくお願いします。

澤田:法学部 3年になります澤田です。よろしくお願いします。

梅垣:人間科学部 4年になります梅垣です。よろしくお願いします。

----石田:(練習直前なので)さっそく始めたいと思います。まず、アメフトを始めたきっかけをお願いします。

坂本:自分は、高校生の頃、サッカー部に入ろうと思ってたんですけど、一番活気があったのがアメフト部だったので、そこから始めました。

澤田:高校生のころから僕も始めたんですけど、それまで個人競技しかやったことがなくて、みんなでやれるスポーツというか団体競技っていうのに参加してみたくて。高校からサッカーとか野球とかっていうのを始めるのは難しいかなと思って、一番入りやすいのは何かなって探したときに、アメリカンフットボールがあってそれでアメフトを始めました。

----石田:それは熱烈な歓迎があったとか、そういう感じなんですか?

澤田:身体も大きかったので。誘われて入りました。

梅垣(主将):自分は高校までずっとサッカーやってたんですけど、大学もサッカーでいくつもりだったんです。けれど色々あって大学でサッカー続けられなくなって。神大に入ってやっぱり何か本気でやれる部活ないかな?って思ったときに声掛けてくれたのがアメフト部だったのでアメフト部に入りました。

----藤川:アメフトの面白さや、魅力を教えてください。

坂本:アメフトには正解がないと思っていて、ひとつのやり方だけにこだわらず、いろんなやり方をやっていくことで自分のアメフトを見つけていったりとか、自分だけの武器を探すことがアメフトの楽しさではないかなと思います。

澤田:アメリカンフットボールってオフェンスとディフェンスに分かれてるスポーツで、完璧に担当が分かれているので自分の特徴を生かすことが出来るんです。自分は身体が大きいので、それを使って走ってみたりとか、小さい人も足の速さとか生かしてやってみたりっていうのが、観ていて面白いし、いろんな人がやっているので、そういう面白さがあると思います。

梅垣:アメフトの魅力は、やっぱりひとりひとりの長所をいろんなところで生かせる部分があるので、それが一番の魅力かなって思うんです。入部して感じた魅力は、準備がすごい大事なスポーツ。試合に至るまでのプロセスが本当に大事なスポーツだなっていうのを感じました。準備はめちゃくちゃしんどい部分が多いですけど、そこも逆に魅力かなって思います。

----石田:みなさんご自分のポジションの魅力を教えてください。

坂本:自分はオフェンスと、スペシャルチームでキッカーっていうポジションもやっています。オフェンスではワイドレシーバーっていうポジション、一番外に位置するポジションなんですけど、パスを取ったりとかそういう仕事をやっています。アメフトっていうのはヤードをたくさん稼ぐスポーツなので、パスを投げられることによってしっかりヤードも稼げますし、そこで仕事を果たせたときにオフェンスの自分のやりたいことができるというか、他の人の支えがあって出来るポジションだと思っています。

澤田:僕もオフェンスなんですけど、ランニングバックっていうポジションをやっています。クォーターバックという最初にボールを受け取るポジションから手渡しとかでボールを受け取って、敵の中に突っ込んでいくようなポジションです。そこは他のポジションよりもオフェンスラインとの連携が大事になって、ひとつひとつのプレーの中でのコミュニケーションをたくさんとることが大事になってきます。そういう面では試合の中でいろんなミーティングをしながら進めていきます。ディフェンスの体系によって全部動きが変わってきたりするんです。ランニングバックは本当に無限の動きがあるし、プレーに縛られることがなく動くことがあるので、そういう部分では一番面白いポジションなんじゃないかなと僕は思います。

梅垣:自分はディフェンスで、ディフェンスバックっていうディフェンスの一番最後尾のポジをやってるんですけど、ディフェンスはオフェンスと違って11人で守るっていう意識を持ってやってます。一人がミスしても残りの10人でカバーして守ることが出来るのがディフェンスの一番の特徴、魅力だと思います。あとは、坂本と同じでキッカーもやっています。キッカーも決めて当然みたいな...。決めて当然なんですけど、蹴る技術も多種多様で一人一人また違う蹴り方もあり、そういう当たり前のことを当たり前にやることが逆に難しいポジションなんで、責任感の重いポジションをやらせていただいています。

----石田:プレッシャーってやっぱりありますか?外しちゃいけないっていう。

>梅垣:結構あります。自分はまだ大学入ってそういうシチュエーションにあったことはないですが、高校生の頃とかはあったりしました。

----石田:凄かったですか?プレッシャーが。

梅垣:まあ、ありました。

----藤川:アメフトを通じて成長した部分を教えてください。

坂本:他のスポーツでもそうかもしれないですけど、コミュニケーション能力というのが非常に重要なものかなと思っています。他のポジションと連携をとったり、自分がクォーターバックに要求することとか、そういうことをしっかり伝える相手とコミュニケーションをとるということが非常に大事だと思います。そこをしっかりやっていくうえで日々成長していったのではないかなと思っています。

澤田:高校の時もキャプテンやらせていただいたり、今も学年キャプテンをやらせていただいているんですけど、そういう面を通じてフットボール、スポーツの中だけでなく、コミュニケーションというのは人としても成長したかなと。他人に注意することで自分の行動について考える時間もすごく増えたし、人間的な成長という部分が自分の中で一番大きいなと思います。

梅垣:自分は、未経験で入部させていただいたので、マイナスからのスタート。そういう部分では練習を誰よりもやろうっていう向上心を常に意識して持ち続けることが出来たのかなと思います。あとは、主将という形でチームの先頭に立っている責任感と、1、2、3学年をまとめることの難しさを今すごく痛感しています。それで周りの意見とかを聞いて自分の足りない部分を自からも発信しています。人間としてかなり成長させていただいています。

----藤川:3人ともコミュニケーションが大事っていうことですが、その中で衝突とはないですか?

一同:結構ある(笑)。

----藤川:結構ある感じですか。そうですよね、コミュニケーションとりますもんね。じゃ次は、今までのベストプレーを教えていただけますか?

坂本:練習で一本も決まることがなかった「この形でパスをもらう」っというプレーがあったんですけど、もうダメなのかなと思っていたころに、公式戦でそれをやる機会が出来て、結果としてタッチダウンにつながったっていうプレーがあったので、それはちょっと嬉しかったです。

澤田:1年生の頃なんですが、ずっとうまくいかなかった時期に試合に出させてもらって、そこで二人くらいタックルを外してタッチダウンしたっていう経験があって、あれが自分の中でベストプレーかなと。

梅垣:去年のシーズンで、唯一土のグラウンドで試合があって、雨が降ってたのでパスプレーが出来ないシチュエーションでの試合だったんです。ずっとランプレー、ランプレーっていうロースコアの展開だったんですけど、フィールドゴールっていうのがタッチダウンと別で得点としてあって、フィールドゴール3本で勝ったんです。6対6の同点で、残り数秒の時に自分が決めたんです。その時のキックは凄くダサかったんですけど、緊張感とか半端なかった。それが決まった時がたぶん今までで一番嬉しかったです。

----藤川:常にこういう芝生ではないんですか。試合の時、土の時ってあるんですか?

梅垣:僕たちは関東2部なので。1部校は公共会場で試合が出来るんですけど、2部校は大学グラウンドを使うことがあるので。

----藤川:じゃあ神奈川大学も使うことがある?

梅垣:ここは正規の広さがとれないので、試合会場としては使えないです...。

----藤川:新入生に一言お願いします。これを機に勧誘をお願いします(笑)。

一同:(笑)

----石田:このインタビュー記事を見て入部するかもしれないので!

坂本:ご入学おめでとうございます。神奈川大学はいろんな部活動、サークルがあると思うんですけど、一番活気があるといってもおかしくはないと思うので、(駅伝とかもあると思うんですけど、)誰でもフラットに入れるという部活では強みもあると思います。また、なかなか出会うことがないスポーツでもあると思うので、興味があればぜひ、アメリカンフットボール部へ来てください。よろしくお願いします。

澤田:ご入学おめでとうございます。アメリカンフットボール部って身体と身体のぶつかり合いで怖いとかっていうイメージですけど、身体が小さい人とかもいっぱいいて、梅垣さんも高校の時サッカー部だったので細かったと思うんですけど、体重も増えて強くなれるし、自分が変われるチャンスだと思います。大学生活で変われたら今後もつながっていくところがあると思うので、アメリカンフットボール部にチャレンジしてくれたらなと思います。

梅垣:ご入学おめでとうございます。アメリカンフットボール部のすごい良いところは、本当に未経験でも全然チャレンジ出来るスポーツ。僕自身サッカーからのスタートでも、4年でキャプテンを任させていただけるくらいになれる。うちの部活は半分以上は未経験出身で、帰宅部だった子もいますし、高校時代の部活とか関係なくチャレンジ出来るスポーツだと思います。活気のあるチームで、みんなの個性も豊かですし、その分衝突もありますけど、最後の学生生活で何かチャレンジ出来るものがあると、その先も変わってくると思うので、それがアメリカンフットボールであって欲しいと思いますし、ぜひチャレンジして欲しいと思います。

----藤川:ありがとうございます。このアメフト部「アトムズ」の魅力を1つ教えていただきたいと思います。

坂本:今(このインタビューを受けている時)ちょうど練習前で準備やってる最中なんですけど、上級生とか関係なく、みんなで準備して、みんなで(練習)やって、みんなで終わる。チームとしての結束力、一人ひとりのつながりを意識してるところがある。そこが「アトムズ」の魅力なんじゃないかと思います。

澤田:何回か、衝突とありましたけど、ある意味では僕それが良い事だと思っていて、3、4年生の衝突が多いんですけど、ある意味、先輩も話を聞いてくれていることだと思うし、後輩もそれをはっきり言えるようなチャンスをもらえている事だと思うので、それはチームの運営上すごく良いことなんじゃないかと考えていて、上下関係はあるところはあるけど、あるところではフラットで話を聞いてくれるとか、そういうところがすごく良いチームだなと思います。

梅垣:「アトムズ」の魅力は面倒くさいところですかね。本当に面倒くさい奴ばかり(笑)ですけど、逆にそれが魅力です。本当に濃い生活を送らせて頂いています(笑)。

----藤川:ありがとうございます。最後に、これからの目標を一言お願いします。

坂本:チームとしての目標は、今年1年はビッグ8昇格っていって、自分たち今2部に所属していて、とりあえず今までいた1部に戻る。そして更にその上を目指すということです。自分はそのために何が出来るかよく考えて、自分に与えられた仕事、また自分がやるべき仕事をしっかりやっていきたいと思います。

澤田:個人的な目標の一つは体脂肪率ですね(笑)。今、体脂肪率が高すぎて、それを下げることが一つの目標です。もうひとつはユニット。ランニングバックっていうユニットで僕は動いているので、そこのユニットの強化です。僕は3年生なので、4年生のサポートをしながら自分がメインになっていけるようにやっていきたいと考えています。ランニングバックとして自分が活躍すれば後輩に教えていけることも増えると思うし、自分を伸ばすことを考えて今年1年を頑張っていこうと思います。

梅垣:チームとしての目標は、2人が言った通り1部に復帰すること。自分個人の目標しては、今年「一心」というスローガンのもとにやってるんですけど、チームを「一心」にすることと、澤田以下の来年のチームに自分たち4年生が残すものを見つけることっていうのが目標です。

-----アメフトの魅力、しっかり伝わったと思います。ありがとうございました。-----

※2017年3月取材

  • インタビュー
  • 神大スポーツ・文化振興賛助金募金
  • KU東北ボランティア駅伝
  • 神奈川大学