TOP > インタビュー > 合気道部

インタビュー

合気道部

誰でも気軽に始められる合気道の魅力。
「相手をいさめて、技は終わる」心身ともに成長できる武道!

技の習得は勿論だけど、「合気道精神が自分自身を成長させてくれる」という。
大学に入ってから合気道を始めた2年生4人にその魅力を聞きました。

左から
・法学部自治行政学科 2年 徳橋拓紀 ・法学部法律学科 2年 逸見健太
・工学部電気電子情報工学科 2年 野津勇樹 ・法学部法律学科 2年 碧川直人

今回は、体育会の協力メンバーが、インタビューに初挑戦してくれました!

清遠:法学部3年、柔道部所属の清遠雄一です。インタビューは初めてですけど、頑張ります。よろしくお願いします。

赤坂:同じく法学部3年のラクロス部の赤坂です。お願いします。

----まずは自己紹介をお願いします。

逸見:法学部2年の逸見健太です。よろしくお願いします。

徳橋:法学部2年の徳橋拓紀です。よろしくお願いします。

野津:工学部2年の野津です。よろしくお願いします。

----清遠:合気道部に入った動機、何で興味を持ったのか教えてください。

逸見:スポーツは何もやっていなかったんですけど、大学に入って心身を少し鍛えたいと、何か体育会系の部活には入ろうと思っていたんです。その中で、高校時代の担任の先生が合気道の経験者で、先生から勧められて入りました。

徳橋:自分も合気道部に入るまでは、スポーツとは無縁の生活を送っていました。中学も高校も文化部でした。大学に入って体育会系の部活に入りたいと思っていて、その時に中学校の担任の先生が合気道をやっていたのを思い出して、入ろうと思いました。

野津:僕の場合、高校までずっとテニスをやっていました。大学に入ったら、運動系でも走り回るものではなく、一つの場というか、あまり動かない運動をやってみたくて。合気道部の部活動紹介で、先輩がすごい楽しそうに動きをやっているのを見学させてもらって、それを見て入部しました。

----清遠:実際にやってみて、(合気道の)魅力を教えてください。

徳橋:合気道の創始者で植芝盛平という方が、戦前、戦中は、人を倒して、殺してという武道を教えてたんですね。でも実は、そういう技はやりたくなかった。本当は合気の心といって、相手を許す武道としての武術を確立したかったんです。合気道というのは相手を倒して押さえ付けたり、剣で切って殺したりというのではなく、「相手をいさめて、技は終わる」という武道なんです。そんな合気道の精神が、合気道を知らない人たちにも伝わったらいいなと思います。

野津:武道をやっていなくても、誰でも取っ付きやすく始めやすい。子どもからお年寄り、男女関係なくできるので、そこがすごい魅力だと思います。

逸見:野津君が言ったように取っ付きやすいんですよね。大体の人が大学に入ってからやるので、みんなスタートラインが同じなんです。だから、気負いせずに始めることができて楽しいですよね。みんなで始めて、みんなでうまくなっていくというのが純粋に楽しい。

徳橋:誰でも合気道ができるということでいうと、植芝盛平先生の言葉で、「米ぬか3合を持てる力があれば合気道はできる」という言葉があるんです。米ぬか3合というと、本当にこのぐらいの量で、持ってるのがわからないぐらいの量なんですよね。本当にその程度の力でも合気道はできる。僕らみたいな初心者が入っても、取っ付きやすい競技だなと思います。

逸見:合気道って時間を掛ければ掛けた分だけ上達して、筋肉が多少衰えたりしても、そのままわりと生かせるんですよ。だから長く付き合っていけるものだと思いますね。

----赤坂:健康にもよさそうですね!

逸見:そうですね。OBの方とか、すごい高齢の方とか、僕たちよりも全然元気といいますか、すごいパワーにあふれた方がいらっしゃいます。

----清遠:それは本当に魅力的なことですね。

野津:武道だけど、楽しむのをメインにしてるのが合気道だと思うので、武道だから嫌だとか、そういう感情を持たずに、まず楽しく運動をしたいから合気道を始めたいというのを、入部してくれる人たちだけじゃなく他の人たちにも伝えたいなとは思います。

----赤坂:(本当に)好きというのが伝わります!

----清遠:武道としての精神をみんなしっかり持っている。それが合気道の魅力としてすごく伝わります。

----姿勢が正しく、ピンっとしていて、いつも平常心で堂々としている様に見えますが、自分ではどう思いますか?

野津:技をやっているなかで、先輩方から「もっと堂々と技を掛けろ」と、よくご指導いただくので、多分、僕ら3人が堂々として見えるのも、そのおかげなのかなと思います。合気道部に入る前よりは、やはり自分に自信を持てている感じがします。

----※ここで、野津君、逸見君は授業があるので退席。代わって、授業が終わった碧川君が参加してくれました。

碧川:2年の碧川直人です。よろしくお願いします。

----清遠:碧川君が合気道部に入った動機、何に興味を引かれたのか教えてください。

碧川:高校まではサッカーをやっていたんですけど、全然関係ないものをやろうと思っていました。その時、自分のブームがブルース・リーだったので、それで武道をやりたいなと思ってました。あまりみんなが知らない武道は何かなと、部活の紹介欄を見てみたら、合気道って一番最初のところに載っていて、これだっ!と。

----赤坂:サッカーをやっていたから、運動部、体育会に入りたいというのはあったんですか?

碧川:全然なかったです。何でもいいから、取りあえずやった方がいいと思ったので。その時、少林寺拳法と合気道というのが、自分のなかでまったく知らない未知の世界だったんです。部員数を見ると、極端に少林寺拳法は...、ちょっと不安だなと思って。新しく始める事なので、人が多い方が初心者も多いかなと。自分一人だけ新しい世界に行くんじゃなくて、きっと仲間にそういう人がいるんじゃないかなという安心感が...。

----清遠:合気道をやり始めて、その魅力やこれを知って欲しいというのを聞かせてください。

碧川:武道系全般に言えるんですけど、合気道という名前を出しただけで「武道をやってるんだ」と言われて、礼儀作法はいいと。もともとそういう先入観があるので、何もやってない人に比べて礼儀がしっかりしてるんだろうなという強みは持てるんじゃないかなと思います。

----赤坂:夏に合宿、1週間ぐらいやったと聞いたんですけど。その合宿は特別なことをしたんですか?

碧川:普段の稽古と変わらないです。稽古時間が延びるというだけで。最初の1年は時間が延びるだけでもキツイなと感じるんですけど、2年目になると慣れがあるので、普段の稽古より1時間延長ぐらいの気持ちなので、いつもの稽古と変わらないという感じです。

----赤坂:1週間というのは長いですよね。場所はどこに行ったんですか?

碧川:去年は静岡県に行って、今年は長野県に行きました。

----赤坂:そこで他の大学の合気道部と交流とか、そういうのはないんですか?

碧川:そういうのはないです。

徳橋:ないですね。

碧川:合宿以外の日にほかの大学と合同稽古をする機会があるので。夏合宿というのは、遠いところに行って、嫌になっても逃げ出せない、精神的に鍛えるみたいな。新しい技を覚えるというより、自分の技をさらに積み上げるために。

徳橋:いつもと違う畳の上でやっただけ(笑)。

碧川:環境が変わるから気持ちも変わって。自然豊かな田舎なので、都会とは違った雰囲気でリラックスできるという利点があります。

----清遠:楽しかったことと、これはきつかったなと思ったのは?

徳橋:道場の整備をしたり、ご飯の用意をしたり、1年生のときは大変でした。朝4時半ぐらいに起きて、合宿所から道場に行って、その道場は普通の学校と比べものにならないぐらい広くて...。掃除をして、雑巾で拭いて、あとは飲み物をつくってと。それが一番大変でした。でも、5日目に1日稽古なしで遊べる日があるんです。全員で温泉に行ったり、今年は近くのグランドを貸し切ってサッカーをやったり、そのあとまた温泉に行ったりと、いい思い出がつくれました。

----赤坂:これから入ってくる新入生とか、OBの方とかに向けて何かメッセージがあればお願いします。

碧川:楽しくできれば一番いいと思うので、笑顔でできるのが一番いいんじゃないかなと自分は思います。OBの先輩には、もっともっと技を継承していただければ嬉しいなと思います。

徳橋:全然スポーツの経験がなくても合気道というのはできるので、気軽に道場に足を運んでくれれば、それが一番だと思います。実際に見て、ちょっと体験してみる。最初の一歩というのが難しいですよね。道場に踏み入れる一歩が。その一歩さえ踏み出してしまえば、あとは部員みんな仲がいいので。気軽に始めてもらえればいいかなと思います。

----合気道を始めたおかげで成長したなと思うことはありますか?

碧川:足腰が強くなった気がします。電車に乗っても、長時間立たなくちゃいけない時は(今までは)席に座りたくなっていたんですけど、別に座らなくても大丈夫だなと思うので、体は強化されたと思います。

徳橋:合気道を始めて、自分の自信に裏付けができるようになりました。自信過剰なところがあるので、「絶対に大丈夫」と(言葉で)言っても、根拠がないなと思っていたんです。合気道を始めてから、自分のできることが増えているわけなので、そんなに自分に根拠がないと思うことはなくなりました。

----赤坂:最後になりますが、これから合気道部の活動としての意気込みをお願いします。

碧川:精神的には、あまり成長はしてないんじゃないかなと。(級や段を取る)審査とか重要なところでミスをしちゃうとか、そこはやはり弱いところだし、今後の課題だと思います。目標としては、今の主将は2段を取っていて、その人を抜けなくても追い付けるようにはなりたいです。

徳橋:もちろん段位を取るというところを目標にしてるんですけど、級とか段位というのを超えた誰にでも通用するような、例えば、礼儀作法だったり、合気道の精神、許す精神というところを自分の生活に反映できたら、それが一番いいなと思っています。あいさつとか礼儀作法というのは基本のこと。基本ができてこそ、その上ができるわけですから、そういうところも目指していけたらいいなと思います。

-----合気道の魅力、しっかり伝わったと思います。ありがとうございました。-----

※2016年10月取材

  • インタビュー
  • 神大スポーツ・文化振興賛助金募金
  • KU東北ボランティア駅伝
  • 神奈川大学