TOP > インタビュー > スピードスケート部女子

インタビュー

学生選手権での昨年に続く総合優勝。その強さの秘訣。チームとして成功しているという印象が強い同部。個人だけでなくチームとして良い成績を収めるために大事なことや必要だと思うことについてお話を伺いました。

----二年連続の男女ともに学生選手権総合優勝おめでとうございます。まずはその強さの秘訣について伺います。他校と比べて神大スケート部はどこが良いと思いますか?

彌中 美由(以下、彌中)
相模原のクラブ(相模原SSCクラブ)と一緒に練習しているのですが、そこには神大の先輩が多く在籍しています。また、世界で活躍しているような先輩達がいて一緒に練習させてもらい、教えて頂いております。学ぶことが多く練習の環境に恵まれているところが良いと思います。

磯嶋 美波(以下、磯嶋)
普段の練習に監督が付いているわけではなく、先輩方に自分の弱いところを指摘してもらい、どうすると改善できるのか話し合い練習しているところが良いと思います。

----今スピードスケート部は何人で活動していますか?

彌中
男女10人です。女子が4人、男子6人。他のスポーツに比べ競技人口が少ないスポーツで、少なく見えますが、神大は10人でも他校に比べて多い方です。

----前回大会で総合優勝果たしているのでプレッシャーは有りませんでしたか?

彌中
人数的にも他の大学より有利だったのであまりプレッシャーは有りませんでした。自分の出来る事をやろうと臨みました。男子の方が接戦でそちらを応援していたくらいです。
磯嶋
リレーのメンバーに入ったので、そこでは失敗できないというプレッシャーがありました。

----スケートは冬のスポーツですが、夏場の練習はどんな練習をしていますか?

彌中
夏は神奈川にスピードスケートの施設がなくなってしまうので、毎週末に長野県までいって練習しています。それ以外はランニングやウエイトトレーニング、フォーム系のトレーニングをしています。

----毎週長野まで行ってらっしゃるのですか?移動コストや、宿泊費など大変ではないですか?

彌中
はい。週末に通っています。部の予算があるのでそこから対応してもらえるのですが、足りない時もありその場合は、自分達で補います。厳しいです。

----スピードスケートを始めたきっかけはなんですか?

彌中
福岡出身ですが、小学校でスケート教室に入っていて、そこの監督にスピードスケートをやってみないかと誘われて始めました。

磯嶋
小学校4年の時、兄が通っていた野球教室を主催している方がスピードスケートやっていて、その方に誘われたのがきっかけです。

----得意な種目(距離)は何ですか?

彌中
私は中学くらいから500mが得意になりました。
磯嶋
これといってないのですが、しいて言えば1,500mの長距離です。

----スピードスケートは大変危険なスポーツだと思いますが、今まで怪我とかは大丈夫でしたか?

彌中
小学校の時、私の後ろを滑っていた人に巻き込まれて膝を切った事があります。3ヶ月間練習できなくなり、かなり大きな怪我で当時自分でもビックリしていました。
磯嶋
怪我などは余りないのですが、高校の合宿の時、私は見ていたのですが練習で何人か転倒してその中の大学生が動かなくなってしまい、そのまま救急車に運ばれたことがありました。かなり重傷でしばらく意識がなかったそうです。練習中、自分も疲れなどで気が入っていない場合があるので他人事ではないと思いました。

----神大スピードスケート部にはどういった経緯で入部されましたか?

彌中
私の場合は以前神大にいらした今井監督が、中学生の時から誘って頂いていたのですが、実家を出るつもりは無くどうしようか迷っていました。監督が熱心に誘って頂いたことと、実力のある先輩達が多数いらしたのでそういう環境で練習したいと思い上京して神大に入りました。

磯嶋
私も監督に声を掛けて頂いたことと、高校の時、神大や、相模原SSCクラブの練習に参加させてもらっていたのでその流れで入部しました。当時の自分がいたクラブは夏場リンクが取れないので、神大・相模原SSCさんのお世話になっていました。

----総合優勝はリレーでの1位が大きかったと思いますが、どういった事を心がけて滑りましたか?

彌中
タッチの仕方や、失敗しやすいところを意識して、滑りました。転倒してしまうチームや他の選手に迷惑掛けてしまうので気を付けています。また、スピードの乗るところや体重移動など考慮しながら滑っています。
磯嶋
高校時代クラブに選手がいなくてリレーをしたことがありませんでした。インカレが初めてのリレーでした。初心者だったので先輩からの指摘や、アドバイスをしっかり実践して行くことを心がけていました。

----次のシーズンまたプレッシャーが掛かると思いますが目標とか、やるべき事とか有りますか?

彌中
今年はユニバーシアードという大会があり、その大会の代表選手を目指します。また、個人種目で昨年一昨年と2位止まりだったので、1位を取るようにします。
磯嶋
次回インカレには1年生が入るのでリレー枠を争う形になります。負けないようにリレー枠4人にはいる事と、個人種目でもより上位を目指し、決勝でも見せ場を作って結果を残す事です。昨年は決勝に出場できたのですが、ただ出ただけの結果でした。

----磯嶋さんは今回決勝で上位に絡めなかったのは何か足りなかったと思いますか?

磯嶋
体力や基本的な技術も足りなかったと思います。そこを強化出来るように練習して行きます。

----練習ですが、高校と大学の練習は何が違いますか?

磯嶋
高校時代は数をこなす練習でしたが、大学からは一つ一つの精度を高める練習になり、より技術的になりました。
彌中
高校時代はコーチの立てた練習プランを黙々とやっていたのですが、大学では自分で何を練習するのかを考え練習プランを立てるところが違います。先輩にアドバイス頂きながら練習しています。

----最後の質問です。卒業後はどうしていきたいか決めていますか?

彌中
私のスケートは大学までと決めてきました。これから3年生なので就職活動どうしようかと考えている最中です。その先はまだこれからです。
磯嶋
教職を取っているので地元の仙台の母校に就職が出来たらと思っています。また、自分が所属していたクラブでコーチとしてスケートを教えられれば良いと考えています。

----今年も総合優勝を期待しています。ありがとうございました。

第38回日本学生選手権大会

人間科学部人間科学科 3年 北澤 彩

1000m 5位

1500m 3位

3000mリレー 1位

経済学部経済学科 3年 熊野 寛子

500m 6位

1500m 5位

3000mリレー 1位

人間科学部人間科学科 2年 彌中美由

500m 2位

1000m 8位

3000mリレー 1位

工学部機械工学科 1年 磯嶋 美波

1000m 10位

1500m 6位

3000mリレー 1位

女子総合1位

第39回全日本選抜選手権大会

人間科学部人間科学科 3年 北澤 彩

500m 11位

1000m 8位

1500m 10位

総合 13位

経済学部経済学科 3年 熊野 寛子

500m 40位

1000m 29位

1500m 37位

総合 37位

人間科学部人間科学科 2年 彌中 美由

500m 9位

1000m 44位

1500m 14位

総合 21位

第38回全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会

人間科学部人間科学科 3年 北澤 彩

500m 19位

1000m 19位

1500m 26位

総合 22位

人間科学部人間科学科 2年 彌中 美由

500m 18位

1000m 18位

1500m 22位

総合 18位

第71回国民体育大会冬季大会

人間科学部人間科学科 3年 北澤 彩

女子3000mリレー 1位(長野県)

経済学部経済学科 3年 熊野 寛子

女子3000mリレー 4位(宮城県)

人間科学部人間科学科 2年 彌中 美由

女子3000mリレー 2位(福岡県)

工学部機械工学科 1年 磯嶋 美波

女子3000mリレー 4位(宮城県)

※2016年3月取材

  • インタビュー
  • 神大スポーツ・文化振興賛助金募金
  • KU東北ボランティア駅伝
  • 神奈川大学