TOP > インタビュー > 女子バレーボール部

インタビュー

今回は、2015年10月に「関東大学バレーボール選手権大会リーグ戦」で好成績を収め2部入れ替え戦まで駒を進めた女子バレーボール部のみなさんにお話を伺いました。

----今年の公式戦日程終えて感想はいかがですか?

梅本実乃里(以下、梅本)
今年の公式戦は勝てないだろうと思った格上の対戦相手でも勝ってしまい、勢いがあった1年でした。昨年の先輩達から徐々にチームが強くなっていて、今のチームについてもさらに戦力が上がった気がします。

飯野陽子(以下、飯野)
2部昇格が入部した時からのチームの目標でしたが、現実味がある目標ではなかったのに、今年は2部入れ替え戦まで行きました。最初は遠かった目標でもそこを目指せば近づいていくことを実感しました。

豊田萌子(以下、豊田)
先輩方に引っ張ってもらって、今までとは違うバレーの関わり方が出来たと思います。バレーのレベルが高く、自分が経験していない難度の高い連携プレーが見られました。

----昨年の戦績と比べると主な大会で良くなっています。原因はどこにあると思いますか?

梅本
三年目になりメンバーに力が付いてきました。また、1年生も実力がある子が入部して、やる気のあるメンバーが揃った事が原因だと思います。
飯野
今年の春に新しいコーチが加入したことで練習方法も替わり刺激を受けました。そうした事で自分やチームに勢いが付き好成績に繋がったと思います。
豊田
前のお二人と同じ事と、目標が明確に見えて来たことによって、練習に力が入ったのではと思います。

----その辺を踏まえて今回のテーマですが、入れ替え戦を振り返り、勝つために何が足りなかったと思いますか?

梅本
この大会の後、今もそうなのですが、自分は迷走している様に思います。キャプテンとしてみんなをまとめれば良いと考えていましたが、それだけではなく、引っ張るところは率先して引っ張らなければいけない事を、この大会で感じました。チームのモチベーションを、自分が進んで上げて行くことが大事なのに出来ていなかったと思います。
また、今回は勢いで勝ってきましたがそれだけではさらに上には行けないので、今以上に実力を付けて自信を持ってプレーすることが必要と感じました。選手それぞれの自信が足りなかったと思います。
飯野
いつでも自分のプレーが出来る人が少なかったような気がします。試合中、相手のペースや、雰囲気の影響を受けてしまう場面が見受けられました。例えば、声を出すチームとの対戦は、こちらも声を出して積極的に試合を進められましたが、静かな声を出さないチームの場合は、こちらも静かになり積極的なプレーが出来ませんでした。
足りないところは、どんな試合でも実力を出す事が出来ていなかった事だと思います。
豊田
緊張して実力が出せなかった事が有りました。気持ちの上で負けてしまっていた事が、足り無かったと感じています。実力と自信を付けて良い意味の緊張感でプレー出来る様にしたいと思っています。

----武蔵丘短期大学との入れ替え戦で印象に残ったプレーは有りますか?

豊田
入れ替え戦にはOB・OGの方が大勢来て応援して頂いた事と、普段自分はブロックがあまり決まらないのですが、この試合はブロックが決まった事が嬉しくて印象に残っています。
梅本
試合中は集中していてあまり覚えていないのですが、試合後に卒業した先輩方がたくさん応援に来て下さっていたことに気付き、驚きました。

飯野
この大会で練習していたコンビプレーが2部のチームにも通じたことです。また、他チームの選手や監督さんが見に来てくれていて、とても嬉しい気持ちになりました。

----来年度2部昇格する為にどう行動したら良いと思いますか?

豊田
先ほども話しがあったように自信を持ってプレーする事と、試合を楽しみながら、バレーをやっていて良かったとみんなが思えるようにプレーすれば結果がついてくると思います。
梅本
同じになりますが、自信を持つことは大事です。また、チーム練習が少なく、試合形式の練習が出来なかったので、他のチームと練習試合をもっと数多く組める様にしていきたいです。私も自信を持って、チームのみんなをまとめられる様に行動していきたいと思っています。
飯野
ゲームに勝つことに目がいってしまうと、ゲームを楽しむことや上手になりたいという気持ちが忘れられてしまうので、勝つ気持ちを残しつつ、楽しむこと上手になりたいと思うことをバランス良く自分で両立したいと思います。そうすることで、周りが見えなくなり調子を崩す事を防いで、メンタルが強くなると考えています。

----バレーボールを始めたきっかけはなんですか?

飯野
小学校の授業で始めてバレーボールを知りました。とても楽しかったので、当時ママさんバレーをしていた母に地区のバレーチームを紹介してもらったのがきっかけです。

豊田
小学校の時にソフトボールとバレーボール両方のクラブチームに入っていて、中学校ではソフトボール部に入部したかったのですが、あいにく無くてバレーボール部に入ったのがきっかけです。中学の時はとても監督が怖くておびえていた時期もありましたが、バレーが楽しくて高校、大学とバレーを続けています。
梅本
姉が中学校のバレーボール部に入部していてそれでバレーを知りました。友達に誘われてジュニアバレーのクラブに入部していましたが、難しくて、しばらく行かなくなりました。その頃他に色々スポーツ系の習い事をしていたのですが、負けず嫌いなところがあり、「難しい事をやって上手になりたい」と思うようになり、他の習い事を全てやめてバレーを再開したのがきっかけです。

----神大女子バレー部に入った経緯はどうですか?

飯野
特にバレーをする為と言うより、「バレー部があったら入部しようかな」位の気持ちでした。
梅本
入学当初はバレーする気が全くありませんでした。高校生の時にライバルだった友人に誘われて、その子とバレー出来るなら入ってみようと思い入部しました。
豊田
私もバレー部に入部する気が余りなかったのですが、父に「今まで続けたバレーがあるならやってみたら」と薦められて練習に参加したら、バレーしたい気持ちが大きくなりました。

----神大女子バレー部に入って大変だったこと有りますか?

飯野
今までは部括だけ一生懸命やれば良かったのですが、勉強やアルバイト・就職活動など部括と同時にこなして生活する上で、上手く切り替えが出来ない時や、部員間で優先すべき行動に温度差があり、合わせていくのが難しい面が有ります。
梅本
マネージャーがいないので、大会運営など付きっ切りで対応しなければならない所が大変でした。
豊田
今お話があったようにマネージャーがいない事と、部員も11人しかおらず、練習のバリエーションがたくさん出来ない事が大変です。

----最後にチームのみなさん、神奈川大学関係者のみなさん、OG・OBのみなさん、ご家族などに向けて一言お願いします。

飯野
OB・OGのみなさんが、直接私と面識がないのに応援して頂いている所をみて、神奈川大学バレー部を背負っていると感じました。みなさんの応援に応えるためにさらにがんばります。

梅本
チーム、監督・コーチ、OG・OB、家族を含めて全ての方々に感謝しています。そうした皆様が感動できるパフォーマンスを見せられる様にプレーして行きたいと思います。
豊田
今年、神大に入学するみなさんに是非、神奈川大学女子バレー部に入部して頂きたいです。マネージャーも募集しています。よろしくお願いします。

----ありがとうございました。

平成27年度春季 関東大学バレーボール選手権大会リーグ戦

3部3位

神奈川県大学バレーボール選手権大会リーグ戦

1部2位

平成27年度秋季 関東大学バレーボール選手権大会リーグ戦

3部2位

東日本大学バレーボール選手権大会(東日本インカレ)出場

※2015年12月取材

  • インタビュー
  • 神大スポーツ・文化振興賛助金募金
  • KU東北ボランティア駅伝
  • 神奈川大学