TOP > インタビュー > バドミントン部

インタビュー

男女合同で活動を行っているというバドミントン部。
男女合同で練習をすることによってどんな相乗効果が生まれるのか、また今後の目標について主将二人に話を聞いた。

----バドミントンを始めたきっかけは?

土佐 優希(以下、 土佐)
私の場合は両親がバドミントンのコーチだったので、練習に連れて行かれて始めました。

後藤 彩樹(以下、 後藤)
姉がバドミントンをやっていて、それに影響されて小学二年生から始めました。
神奈川大学に入ったのは地元の先輩に勧められて入学を決めました。

----バドミントンの魅力はなんですか?

土佐
バドミントンは筋力やパワーがあれば勝てるという競技ではありません。
テクニックや、戦略を考えることによって勝ち方を見いだす事が楽しいですね。
後藤
私も同じですね。それに加えて私は身長が低いため、小中学生の頃は自分より背の高い相手と戦う事が多く苦労しましたが、フェイントなどを駆使して自分ができることを最大限に活かしてプレーできることが魅力だと思います。

----男女一緒に活動を行っているということですが、メリットを教えて下さい

後藤
私は高校が女子校でしたので、男子のプレーを見ることがなかったんですね。
神奈川大学に入ってから男子と一緒に練習することによって、力技だけでなく技術的な面も参考になることが多く、いろいろ真似して経験値にしていくことができるのが良いところだと思います。
土佐
部員全員が経験者のため実力が拮抗していて、皆団体戦のレギュラーを狙える位置にいるので、良い相乗効果が生まれることが良いと思いますね。

----逆にデメリットを感じることはありますか?

後藤
バトミントン部は人数がとても多いので、そのぶんコートに入れる時間が少なくなってしまい練習量が減ることですね。しかもその日によって使えるコート数が変わるので、難しいところです。

----練習の内容について教えて下さい。

土佐
メニューは男女一緒で、その日のはじめにみんなで決めます。最初はウォーミングアップして、ノック練習が多いですね。練習の時も男女混じって活動します。

----目標としている大会はなんですか?

土佐
一番大きい全日本学生選手権ですね。それに向けて一年間活動していきます。年二回校舎の宿舎で合宿をして体を作っていきます。いつものメニューを徹底的にやり、ゲーム練習を集中して取り組みます。

----バドミントンをしていて一番楽しいことはなんですか?

後藤
やっぱり勝った時です。あと大学ならではの応援とか、高校では感じたことにない気持ちになれるのが楽しいですね。

----お二人は主将ということですが、バトミントン部の今後の課題や悩みはありますか?

後藤
4年生がいなくなった分、自分たちがその代わりに早くなれるよう努力しています。後輩がついてきてくれるような先輩になりたいですね。
悩みは、主将として全体の意見を聞きいて部をいい方向に持っていかなければならないし、その中でなにかしらの犠牲もあり、それをどういう形にしていけばいいのか考えるのが大変ですね。
土佐
大人数でやれることは限られているので、一人一人が空いている時間を見つけて自主的に練習していくのが大事ですね。そうしてもっともっと強くなっていかないといけないな、と思います。

----来季の目標を教えて下さい

土佐
春・秋のリーグ戦で上位に入ることと、最後の全日本学生選手権で上位に行けるよう頑張りたいです。
後藤
二部にあがることですね!

平成26年度神奈川大学バドミントン部戦績

関東春季リーグ戦

男子2部 2位
女子3部 2位

東日本学生選手権

男子団体 ベスト16
女子団体 一回戦敗退
男子ダブルス ベスト8 (井上翼・小澤拓)

関東秋季リーグ戦

男子2部 5位
女子3部 2位

全日本学生選手権

男子団体 一回戦敗退

※2015年1月取材

  • インタビュー
  • 神大スポーツ・文化振興賛助金募金
  • KU東北ボランティア駅伝
  • 神奈川大学