TOP > インタビュー > 男子ラクロス部

インタビュー

関東学生リーグの1部昇格を目指すが、今シーズン惜しくも2部Aブロック3位という成績でシーズンを終えた男子ラクロス部。4年生が引退した今、チームをこれからけん引するのは3年生。彼らに新チームとしての意気込みを聞いた。

----ラクロスは大学から始める人が多いと聞きますが、始めたきっかけを教えてください

平塚 篤(以下、平塚)
中学時代は器械体操、高校時代は柔道を経験しているのですが、どちらも個人競技のため大学では団体競技を経験したいと思っていました。新入生のときにグランドへ行ったらたまたまラクロス部の体験会を行っていて、参加してみたらラクロスというスポーツが楽しかったことと、中学時代の先輩がいたので入りやすかったということがきっかけです。周りもみんなラクロスをやったことのない人なので、始めることに不安はなかったです。

森谷 志保(以下、森谷)
中高は吹奏楽部だったのですが、大学でクラスの友達と部活の話になり、誘われたのがきっかけです。新歓に行ってみたら部の雰囲気も和気あいあいとしていて、先輩マネージャーも優しくて、楽しいなと思いました。さらに新歓試合でラクロスのカッコよさを知り、ラクロス部で選手たちを支えるマネージャーになりたいと思いました。

伊達 祐貴(以下、伊達)
中高ではサッカーをやっていました。大学に入っても運動部に入ろうと思っていて、何にするか迷っていたときにラクロス部の勧誘があり、実際に体験してみたら楽しかったのと、新歓試合を見てさらにラクロスの魅力に惹かれました。

----柔道やサッカー経験はどのような部分で生かされていると思いますか?

平塚
転ぶときに受け身がとれるくらいでしょうか(笑)。コート内を動くというスポーツをあまり経験したことがないのですが、小学生のときにサッカーでキーパーをやっていたので、今はそれを活かしてキーパーで頑張っています。やはり、サッカーやハンドボール、バスケットをやっていた人の方がグランドでの上達は早いと思いますね。
伊達
慣れないうちは、つい足が出てしまうこともありました(笑)。サッカーでは自分はディフェンスだったので、周りを見て声を出す、というのはサッカー経験が生かされていると思います。また、サッカーだとファウルになることが、ラクロスではファウルにならないので、最初は戸惑いもありました。

----これまでのリーグ戦を振り返っていかがですか?

平塚
今年初めてベンチ入りをし、一試合だけ出るチャンスを与えていただいたのですが、とても緊張してしまい、自分のプレーができなかったのです。キーパーはミスが直接失点に繋がってしまうというプレッシャーと、自分のプレーに自信がなかったので緊張してしまったと思います。来シーズンに向けて練習中のミスを減らし、成功するイメージを作って、自信を持ってプレーができるようにしたいですね。
伊達
1年生のときから試合に出させていただいていましたが、1年目は経験が浅かったので緊張しました。昨年も1部昇格できなくてとても悔しい思いをしたので、今年は昨年以上に気合が入り、絶対に1部にあがる!という気持ちでずっとやっていました。2年目なので緊張はしなかったのですが、主戦力としてどう勝つか、チームのことを考えて戦っていかなければならないと思っています。そして、今年も入れ替え戦に参戦できなかったことが昨年より悔しくて悔しくてみんなで泣きました。

----ブロック戦の中で印象に残っている試合はありますか?

平塚
声援がみんなのやる気を奮い立たせると思い、とにかくベンチから声を出していました。一番印象に残ったのは獨協大学との試合。リーグ戦最後の試合だったので、この試合が終わったらもう4年性と一緒に試合に出られないんだ、思うと悲しくなりましたね。そして、来年はもっとがんばろうと思いました。

森谷
私も獨協大学とのリーグ最終戦が一番印象に残っています。前半は神奈川大学がリードしていたのですが、最後の最後で一点リードされ、そのまま負けてしまって、本当に悔しかったです。その試合に勝てれば入れ替え戦にいけるはずだったんです。みんなで大泣きしました。悔しかったなぁ。その思いをバネに、来年こそは頑張ってほしいです。
伊達
東京農大との試合が印象的ですね。東京農大にはMVPをとっている選手が二人いたのですが、自分がMVP選手のマークについたときは一点も入れさせなかったです。自分の中でもうまくできたという実感が持てました。そして強いチームに勝てたので、自信にもつながり嬉しかったです。

----4年生が引退して部の雰囲気はどんな風に変わりましたか?

平塚
僕たち3年生は正直4年生に頼ってプレーをしていたと思います。そして、4年生がいなくなってからは、自分たちがしっかりしなくちゃ、という気持ちになりました。下級生に尊敬されるような先輩になりたい、僕たちがチームを盛り上げていこう!という気持ちです。来年はさすが4年生だな、と思われるようチームに貢献して1部昇格したいです。
伊達
一つ上の先輩は年が近いので、今までもアドバイスをいただいたり、一番信頼している代の先輩です。ですから、その先輩たちがこれから部を盛り上げてくれる上で、僕たち2年生も先輩たちを支えて頑張りたいと思います。
学年関係なく、一部昇格するために何が必要かを考えて、自分のプレーでチームを引っ張り、結果を出したいです。
森谷
私も最上級生として後輩マネージャーをまとめていきたいと思っています。選手たちがプレーに集中できるよう、運用面でもしっかりサポートしていきたいと思います。来年こそこのメンバーで1部昇格したいです!そしてラクロスの魅力をもっといろいろな人に知ってもらいたいです。

~戦績~

2014年度 第27回関東学生ラクロスリーグ戦
男子二部Aブロック5戦 3勝2敗 ブロック3位

※2014年11月取材

  • インタビュー
  • 神大スポーツ・文化振興賛助金募金
  • KU東北ボランティア駅伝
  • 神奈川大学