TOP > インタビュー > スケート部(アイスホッケー部門)

インタビュー

現在シーズン真っ盛りのアイスホッケー。関東大学アイスホッケーリーグ戦1部に昇格して3年目を迎える今シーズン。1部残留にかける想いを聞いた。

----アイスホッケー部に入ったきっかけを教えてください

福田 大輔(以下、福田)
父親がアイスホッケーをやっていたのでその影響で、小学校1年生からアイスホッケーを始めました。そのまま中学校、高校でもアイスホッケー部でがんばったので、大学でも続けたいと思いました。高校時代の先輩が神奈川大学アイスホッケー部主将だったので、その先輩の誘いもあり、入部しました。

北原 涼大(以下、北原)
私も小学校1年生からアイスホッケーをはじめ、中学校、高校でもずっとクラブチームでアイスホッケーを続けていました。従妹の女の子がフィギュアスケートをやっていたので、男子ならアイスホッケーだろう、というのがきっかけで始めたのです。

南 彩乃(以下、南)
大学に入ったらマネージャーになって選手を支えたいと思っていました。アイスホッケー部に決めたのは、高校生のときに、大学でアイスホッケーをやっている人と話すきっかけがあって、アイスホッケーは珍しいスポーツで、実は激しいスポーツで、見ていてわくわくする!と、興味を持ったのがきっかけです。

----経験者の方が多いんですか?

福田
現在一人だけ未経験者がいますが、あとは全員経験者です。北国出身が多いですね。私も青森県ですし。北海道はアイスホッケーがとても盛んな地域なのです。ほとんどの部員は、神大でアイスホッケーをやりたいと思って入学しています。

----練習について教えてください

北原
授業後、一度家に帰ってから道具を持って準備をして練習場に向かいます。家に帰ってから練習までは時間があるので、バイトなどと両立することが可能です。練習は夜中までやりますので、朝はちょっと辛いですね。練習メニューは主将が考えています。
福田
高校時代に行っていた練習メニューや、他大学の人たちとの交流の中で聞いたメニューなどで構成しています。
練習中マネージャーとしては、ドリンクを作って渡したり、怪我をした人がいたら応急処置をしたり、タイムを計って笛で知らせたりということをしています。私が入部したころはマネージャーが少なくて大変だったのですが、今は8人いますのでいろいろなことを分担してやっています。選手との壁もないですしみんなでわいわいやっていてとても楽しいです。

----合宿はどうですか?また、どのように合宿の効果を感じていますか?

北原
1年生は入学前の春合宿から参加します。最初は緊張しますが、長い時間一緒に密度の濃い練習をしますので、徐々に環境に慣れていきますね。
福田
夏合宿は特に長いので、後半になってくるとけっこうみんな疲労感が見えてきます。それだけがんばっている証拠だと思いますね。前半では氷上をひたすら走るだけの練習など基礎練習をして体を作っていきます。後半にかけて、1対1などの対人系の練習メニューから、試合形式などを行っていきます。
北原
対人系の練習や試合形式の練習を合宿でみっちり行うので、これが試合に活かされていると感じます。ほとんどが経験者ですから、大学生になると各個人の力を挙げていく必要があります。基礎練はもちろんですが、技術面の練習がとても重要だと思います。

----プレーに関する課題や今後の意気込みをお願いします!

福田
リーグ戦を振り返ってみると、一昨年の1部にあがったばかりのころよりは点差も縮まりいい試合ができていると思います。現在1部Bグループで6位ですが、4位を目指したいですね。十分可能性はあると思います。ただ、リードすると油断してしまったり、点差が開いてくるとチームの雰囲気が落ちたりするので、勝ちたいという気持ちを強く持ち続けることが課題だと感じています。
北原
チームプレーはいいと思います。主将が言うように、試合の雰囲気で負けてしまうことがないよう、精神的なところを鍛えていく必要があると思います。私自身は1年生としてやるべきことをやって、毎試合点を確実にとっていきたいですね。
私たちマネージャーから見ても、試合は迫力ありますし、スピード感もあり、一度みたらかっこいい!と、アイスホッケーの魅力に取りつかれると思います。ただ、試合ごとに雰囲気が全然違いますね。盛り上がっているときは選手も気持ちが前向きになりますが、点差がついてくると雰囲気がよくないと思うことがあります。諦めない気持ちを持って前向きに試合をやり遂げられるといいなと思います。そのために私たちも全力でサポートします。マネージャーの人数もそれなりにいるので、今まで以上に何か違った形でサポートできると思いますし、引退まであと少しですが後輩たちを引っ張っていきたいと思います。

~戦績および今後の予定~

■戦績
2014 4月 秩父宮杯第62回関東大学アイスホッケー選手権大会 第15位
2014 9月 第15回大学アイスホッケー交流戦苫小牧大会 第7位
■今後の予定
現在行われている、関東大学アイスホッケーリーグ戦
同じ1部Bグループ内で各大学と2回ずつ試合をします。今ちょうど1周目が終わり、これから2周目が始まります。1周目終わっての結果は、1勝1分3敗、6校中6位という結果です。
2周目の試合日程
11月2日(日)17:00~ 対 大東文化
11月8日(土)12:00~ 対 立教
11月16日(日)10:00~ 対 青山学院大
11月22日(土)12:00~ 対 東海大
すべて会場は、ダイドードリンコアイスアリーナ(西武新宿線 東伏見駅 徒歩1分)

※2014年10月取材

  • インタビュー
  • 神大スポーツ・文化振興賛助金募金
  • KU東北ボランティア駅伝
  • 神奈川大学