TOP > インタビュー > 女子ラクロス部

インタビュー

ラクロスの最大の特徴は「クロス」と呼ばれる、棒の先に網がついたスティックを使ってプレイをすること。また、女子はシャツと巻きスカートがユニフォームでとってもキュートだけど、ゲームはエキサイティング!
カレッジスポーツのラクロス。大学から始めた人が大多数を占めている。皆スタートラインは同じ。自分の頑張り次第で今からでもトッププレーヤーになれる!ラクロスには無限の可能性が秘められている。

そこで、今回は女子ラクロス部主将と、入部したばかりの1年生に話を聞いた。

----ラクロスを始めたきっかけは?

千田祐希子(以下、千田)
私は中高吹奏楽部だったのですが、元々走ることも好きだったので、大学に入ったら何か運動をやりたいなと思っていました。バレーボールやテニスは経験者が多いので初心者で始めるのはちょっと難しいかなと。ラクロスは大学生から始める人も多いのと、ユニフォームがスカートでかわいかったので、ラクロスをやりたいなと思いました。なので、大学もラクロス部がある学校に絞って受験したんです。

中井愛都咲(以下、中井)
私も中高は文化部でした。その頃の友だちには愛都咲が運動部?って驚かれます(笑)。実は料理研究部だったので、団体競技にちょっとした憧れを持ってました。みんなで一緒に戦って同じ目標に向かってがんばるのってかっこいいなーって。たまたま神大のホームページを見たときに、ラクロスの記事が載っていて、そこからいろいろ調べたらラクロス部のホームページにたどりつき、そこに載っている先輩たちがすごく楽しそうに見えたんです。

小幡佳音(以下、小幡)
私はバスケをやっていました。なのでバスケをやるつもりだったのですが、勧誘ブースで友だちがラクロス部を見に行くというので一緒に行ったんです。そこで、ラクロスは動きがバスケやサッカーに似ているってことを知り、今までの自分の経験も生かせるなーと思いました。私は早起きが得意なので、朝活動があるのが決め手になりましたね。朝体を動かすと自分の生活が引き締まるし、ダラダラせずとても有意義な一日を過ごせると思います。

----中井さんはほとんど運動経験がないようですが練習はどうですか?

中井
始めたばかりのころはアップが終わるだけでゼーゼー言ってました(笑)。みんなについていけるか心配だったけど、先輩たちがとても優しく見守ってくれるので安心して練習に参加できます。練習も慣れればついていけるようになります。
千田
そうですね。最初はみんな初めてなので、キャッチボールもできないけれど、みんなスタートラインは同じなので全く焦ることはないですよ。練習すれば必ずできるようになります。自分ががんばった分成果につながるスポーツです。

----ずばり、ラクロスの魅力ってなんですか?

小幡
ラクロスってゴール裏のスペースもプレイに使えるんです。サッカーやバスケとはそこが大きく違って面白いですね。ゴール後ろからのセットプレイは多くのチャンスを生みます。他のスポーツでは見ることのできない、ラクロスならではの見どころではないでしょうか。また、始めたばかりなので教わることが新鮮でどんどん吸収できる。毎日できることが増えていくのもとても楽しいです。

中井
お互いミスをしてもどこが悪かったか正直に言い、高め合えて、個人競技にはない団体競技ならではの醍醐味があります。みんなで一緒にがんばり、困ったら助け合う。部員一人ひとりの向上心も強く、自主練の話も出ています。
千田
ラクロスのユニフォームがスカートなので、最初はかわいいイメージがあったんですけど、やってみると意外にハードでプレイは激しいです。でもそれが楽しいですね。

----ラクロス部に入ってよかったことは?雰囲気はどうですか?

小幡
早起きが習慣になりました。私は家が遠いので始発に乗ります。なので4時起きです。これが習慣になると全く苦じゃないのが不思議ですね。朝起きて、体を動かして、充実した毎日です。

中井
私も同じく生活習慣がよくなりました。また、同じ学部以外の友だちもできましたし、スポーツを通してできた友達って、かけがいのない友達、濃いつながりがあると思っています。先輩たちもやさしく、教科書ももらえたりします(笑)
千田
学年関係なくコミュニケーションをとっていこう、ということを意識しています。先輩後輩関係なく、自分の意見をしっかり言える関係を築くため、練習中も一つの練習が終わったら反省会をし、また次の練習をする、ということを繰り返しています。

----部としての悩みはありますか?

千田
部員がもっと増えるといいなと思います。ラクロスは人数と戦績が比例すると言われてるんです。人数が多ければもっといろいろな練習メニューが可能になります。強い大学はそれなりに部員数が多いですね。目標は2部昇格ですから。
小幡
開幕戦が8月にあるので、7月の夏合宿で調整できるようにがんばります!また、マネージャーも入ってほしいです。マネージャーがいて、支えてくれるからこそ私たちはがんばれます!
中井
マネージャー、部員ともに、1年生大募集中です!女子ラクロス部、絶対楽しいですよ!

※2014年5月取材

  • インタビュー
  • 神大スポーツ・文化振興賛助金募金
  • KU東北ボランティア駅伝
  • 神奈川大学