TOP > インタビュー > 硬式野球部

インタビュー

2014年4月6日、横浜スタジアムで行われた桐蔭横浜大学戦。神奈川大学野球春季リーグ戦の第二戦目となるこの日、横浜スタジアムは約600名の神奈川大学生・教職員で応援席が埋め尽くされた。

体育会×KUスタジオ「硬式野球部応援企画」。

選手がバッターボックスに入れば吹奏楽部がテーマ曲を演奏し、ヒットが出れば応援団とチアを筆頭に会場が一気に盛り上がり、三振しても励ましの言葉が投げかけられ、雨が降ったりやんだりの悪天候にも負けず、横浜スタジアムが一体となり「神大硬式野球部」を応援した。試合途中のグランド整備中には、みんなで校歌を熱唱した。結果、11回まで延長の末、見事に勝利を収めた。
一昨年全国制覇を果たした強豪桐蔭横浜大学に勝てたこと、これはまさに神大が一体となって応援し、その期待に選手がこたえた証である。

そこで、今回は神奈川大学野球春季リーグ戦で活躍中の選手に話を聞いた。

----硬式野球部応援企画の話を聞いたときはどう思いましたか?

中浦大海(以下、中浦)
とてもうれしかったです。応援席に人がいるのといないのとではモチベーションが全然違います。当日はわくわくしていました。

濱元航輝(以下、濱元)
同じくうれしかったです。私は春季リーグ戦からレギュラーになったので、公式戦では2回目の試合でした。それだけでも緊張したので、応援がたくさんくると思うとさらに緊張しました。でもそれはいい緊張でしたね。

----いつもの試合と応援企画当日の試合とでどう違いましたか?

中浦
いつもは応援席もまばらですが、当日はほとんど埋め尽くされていました。吹奏学部も一緒に応援してくれ、モチベーションがすごくあがりました。
濱元
一人で打席に入ってもみんなと一緒にがんばっている感じがしました。普段は、神大は応援が少なく、それに比べ桐大は部員が応援席で歌を歌ったりかなり盛り上がるため、ピンチになるとプレッシャーがかかりましたね。
中浦
でも、今回は神大の観客席のほうが圧倒的に盛り上がっていました。ベンチもお祭りのようでしたよ。チームの雰囲気もいつもより活気がありました。僕はチャンスが回ってきたときに結果を出せず三振してしまったのですが、それでも声援や音楽が聞こえてくると試合をやってるなーという実感があって楽しかったです。強豪桐蔭横浜大学に勝てたのも、みなさんが応援してくれたおかげだと思います。

----まずは春季リーグ優勝が目標だと思いますが、今年の神大は一味違う気がしますね!

中浦
昨年までは、強いところに勝てなくても仕方ないという諦めがあったように思います。負け癖がついていたというか・・・。でも、3月に行われた沖縄キャンプをきっかけにチームの雰囲気が変わった気がします。生活を共にする時間の中でたくさん話をし、チームがまとまったと思います。そして、勝ちたい!勝たなきゃやばい!という気持ちになったとき、練習中の雰囲気も変わりました。
濱元
練習中に声を出したり、部員同士が励まし合ったり、そういう些細なことですが、チーム全体の雰囲気がいい方向に向いていると思います。練習も以前より質が変わり厳しくなったと思いますが、強くなるためには必要なことだと思います。また、今は主将が3年生に変わり、それを4年生が支えていて、いいバランスを保っていると思います。
中浦
リーグ戦では、今まで勝てなかった桐大だけには勝ちたかった。その桐大に2連勝することができて本当にうれしかったです。実は試合が終わった後、みんなで泣きました(笑)

濱元
商大戦では、1戦目を勝ちとって通算3連勝したためゆるみがでてしまったと思います。商大戦2戦目はかなりの点差で負けました。だからこそ気持ちをうまく切り替えられたと思います。
中浦
次の関東学院戦は山場。それに向けて自分の結果じゃなくチームの結果に対して、自分のできることを努力します。チーム最優先ですね。
濱元
関東学院戦は大一番の勝負。なんとかチームに勢いをつけたいです。

----今のチームの悩みは?

中浦
マネージャーが少ないことです。今は、男子マネージャーが3人、女子マネージャーが1人。すべて3、4年生のため、後を継いでくれるマネージャーがほしいですね。
濱元
多い大学では5~6人マネージャーがいます。野球好きで、僕たちの支えになってくれる方に来ていただきたいです。大変な仕事は特にありません。練習も毎日参加しなくても大丈夫です。
中浦
主な仕事としては、部員の水分補給やグランド整備の手伝い、試合の時の球場アナウンスなどです。また、多くの学生さんたちに硬式野球部の試合を見に来てほしいです。学内ではふざけている部員も試合中は本気です。そんな意外な一面が見られる機会だと思います。秋季リーグもありますのでぜひ球場に足を運んでください!

〜2014年度神奈川大学野球春季リーグ戦〜

4月 5日横浜スタジアム対 桐蔭横浜大学○ 3-4
4月 6日横浜スタジアム対 桐蔭横浜大学○ 4-2
4月11日相模原球場対 横浜商科大学○ 2-4
4月12日相模原球場対 横浜商科大学● 2-12
4月13日KAITスタジアム対 横浜商科大学○ 5-7
4月19日相模原球場対 松蔭大学○ 1-0
4月20日関東学院大学野球場対 松蔭大学○ 1-4
5月 5日横浜スタジアム対 関東学院大学 
5月 6日横浜スタジアム対 関東学院大学 
5月11日俣野公園野球場対 神奈川工科大学 
5月12日KAITスタジアム対 神奈川工科大学 

※2014年4月取材

  • インタビュー
  • 神大スポーツ・文化振興賛助金募金
  • KU東北ボランティア駅伝
  • 神奈川大学