TOP > 平塚軟式野球部 > 試合結果 > オープン戦対慶應大学
メインイメージ

試合結果

【平塚軟式野球部】オープン戦対慶應大学

  • 日程2016年04月08日
  • 時間
  • 場所

慶應 010 000 000 1
神大 000 000 21×  3


〈スタメン〉
1・8鶴ヶ野
2・3小林
3・6木村
4・1瀧澤
5・7徳島
6・5羽毛田
7・9岡本→PH寺内→9
8・2峯岸
9・4進士



〈試合戦況〉
2回表、二本の安打を浴びて先制点を許す。1点を追う7回の裏の攻撃、フォアボールと送りバントで1アウト2塁のチャンスから、代打寺内(経営学部3年)のレフト前ヒットでチャンスを広げ、8番峯岸(経営学部1年)のレフト前へのタイムリーで同点とし、なおも1アウト1.2塁から9番進士(経営学部2年)のライト前ヒットで満塁とし、1番鶴ヶ野(理学部2年)のショートゴロの間に1点を追加し逆転した。続く8回の裏、相手の守備の乱れから2アウト3塁のチャンスを作り、6番羽毛田(経営学部1年)の振り逃げの間に1点を追加した。
守りでは、先発瀧澤(経営学部1年)が打たせて取るピッチングで被安打4、1失点で完投し勝利した。





慶應 010 020 000 2
神大 010 000 000  1


〈スタメン〉
1・7徳島→1鶴ヶ野
2・4進士
3・1木村→7
4・6瀧澤
5・2峯岸→2羽毛田
6・9岡本
7・8堀地
8・5中野
9・3小林



〈試合戦況〉
2回の裏、先頭の峯岸(経営学部1年)がレフトへのツーベースヒットで出塁し、そこからバントでチャンスを広げ、7番堀地(経営学部1年)のセカンドゴロの間に1点を先制する。1点をリードし迎えた5回表、相手の先頭にツーベースを浴び、そこから守備の乱れで2点取られ、逆転を許す。1点を追う9回裏の攻撃、先頭の岡本(経営学部2年)がレフトオーバーのスリーベースヒットを放ち、ノーアウト3塁のチャンスを作るも後続が倒れ、追い付くことが出来ず2対1で敗れた。
守りでは、先発木村(経営学部2年)が7回まで被安打3、2失点のピッチングをし、リリーフの鶴ヶ野(理学部2年)が2回をパーフェクトで抑えた。

イベントカレンダー

  • インタビュー
  • 神大スポーツ・文化振興賛助金募金
  • KU東北ボランティア駅伝
  • 神奈川大学