TOP > 平塚軟式野球部 > 試合結果 > 練習試合VS立教大学
メインイメージ

試合結果

【平塚軟式野球部】練習試合VS立教大学

  • 日程2014年09月14日
  • 時間
  • 場所

(スコア)


神奈川 000100001 2
立教  000000001 1


(スタメン)
1・9 鶴ヶ野
2・4 小林
 →PH中野→4→5→6
3・8 中島
 →室伏
4・3 寺内
 →池田→5→6→2
5・5 高橋
 →3→5
6・7 徳島
 →PH三田→7
7・1 山田
 →小田
8・6 飯沼
 →PH若林→4
9・2 清水
 →PH今藤→2

(戦況)
 神奈川大学は三回、先頭の七番山田(国際経営二年)がセンター前ヒットを放ち、二塁への盗塁に成功するもこの回得点は入らない。
 四回、先頭の二番小林(国際経営一年)がピッチャーのエラーを誘い出塁。続く三番中島(国際経営三年)も三遊間への内野安打でチャンスを広げる。その後二死となるも六番徳島(国際経営一年)のレフト前ヒットで一点を先制する。
 ここから試合は両チームともに走者を出しながらも膠着状態が続く。
 再び試合が動いたのは九回の神奈川大学の攻撃。一死から、六回からピッチャーに入っている七番小田(国際経営二年)のレフト前ヒット。続く若林(国際経営一年)の進塁打。この回代打で出場した今藤(国際経営二年)の左中間を抜ける二塁打で一点を追加する。
 だが立教大学もただでは終わらない。先頭打者に三塁打を放たれ、打者二人を小田(国際経営二年)が三振で打ち取るも、次の打者にライト前ヒットを打たれ一点を与えてしまう。しかし次の打者から三振を奪い、ゲームセット。
 2対1で勝利した。

 この試合では走塁のミスが目立ってしまった。走塁ミスは大きく流れを変えやすいプレーであり、士気にも関係してくるので必ず減らしたい。だがそのような流れの中でも少ないチャンスをモノにし、接戦を制することができたのは良い成果だと思う。
 
 次回は9月20日(土)10時より田園調布大学との試合です。
 応援よろしくお願いします。

イベントカレンダー

  • インタビュー
  • 神大スポーツ・文化振興賛助金募金
  • KU東北ボランティア駅伝
  • 神奈川大学